FC2ブログ
















 また逢う日まで。 

印刷屋さんに出していた、座・大阪市民劇場の公演チラシが上がって来た。

mataautirashi.jpg

"また逢う日まで"公演チラシ


このチラシの絵は一葉さんが描いて、チラシのデザインとDTP作業はわたしが行なった。
一葉さんは、ピエロハーバーの壁画なども手掛けた、若干20歳の天才画家である。

この「また逢う日まで」公演は、過去にうちの劇団でも行なったことがある作品の改訂版である。

mataau2.jpg

うちの劇団公演時の写真。
ちなみに写真前列左は森東いずみさん、
その横の人はもう辞めていない。
後列の一人立ち上がっているのは、わたしである。


この作品の舞台は天国。
死んで天国へ来た生き物たちが、次に生まれ変わる順番を待ちながら、生まれること、生きることを考える物語である。
この公演についての、くわしいお知らせはこちらをどうぞ。
 ↓
座・大阪市民劇場公演「また逢う日まで」


ちなみにうちの劇団で公演を行なった時のチラシ絵は、わたしの作であった。

mataauhimade.jpg




今日ピエロハーバーのカフェでは、恒例のポケットミュージックが行なわれる。
今日の出演者は、ギター弾語りの谷本くんである。


またまた引き続き、ネットシネマの出演者募集中デス。
くわしくはこちら→ネットシネマ応募ページ



最後にポチッと押してネ!
  ↓
[ 2006/02/17 18:26 ] イラスト | TB(0) | CM(2)

 

こんばんは。
また逢う日まで。奥の深そうな作品ですね。

出逢う人には縁があると私も思います。縁は良い人とも引き合せてくれる場合が多いような気もしますけど、たま~に、そうでない場合も。商売をはじめてから余計にそう思います。

ブログもひとつの縁でございます。今後もよろしくお願いします。(笑)
[ 2006/02/17 20:50 ] [ 編集 ]

 >mottiさん

こちらこそ、よろしくお願いします。(ペコリ)

この作品は”縁”と、それからもう一つ、”生命の大切さ”をテーマにしています。
簡単に人の生命を奪ってしまったり、自らの生命を絶ってしまったりといった事件が多い昨今..。
この公演が、生まれて来たことの大切さを、見つめ直すきっかけになれば...と思いながら、作品作りを進めています。

[ 2006/02/19 16:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakumi.blog24.fc2.com/tb.php/153-c5dc0c37