スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 北新地探検紀。 

昨日、豆乳探しの後、用事で梅田の阪急三番街と北新地の某所へと出掛けた。
いつもはこのあたりへは自転車で行くのだけれど、昨日はあいにく一台しかない自転車がすでに使用中であったので、梅田まで電車で行き、先に三番街での用事を済ませ、北新地へと向かった。

じつは梅田のあたりはけっこうよく知っているが、北新地という所へは縁がなく、これまでに行った事がない。
それでも住所を片手に、目指す某所へと向かったところ、どうやらこのあたりらしいところに石碑を発見。

sijimigawa.jpg

ほぉ~。蜆川...。
曾根崎心中のお芝居をした時、台本に出て来たなぁ~。


などど思いつつ、この石碑の所の筋を曲がってみた。
う~ん。夜の町といった感じで、目的地らしきところが見当たらない...。
少し歩くとミニスーパーがあったので、ちょうど喉も乾いたし、飲み物を買いがてら道を聞く事にした。
売り場をウロウロしていると、また美味しそうなお豆腐屋さんの豆乳を発見したが、これから行く所があるので今回は買うのを断念し、とりあえず喉を潤すためのお茶(ちなみに純蕎麦茶)を選びレジに並んでいると、入り口のガラス戸越しに目的地を発見した。
よかったぁ~。
目的地の入り口の間口は非常に狭い...。こんなん、わかるわけないやん。と思いながら中へ入り、用事を済ませた。
....。どうやら裏口から入ったようであった.....。

帰りは表口から外へ。
おっと、有名なお店を発見。

kandagawa.jpg

これって、やっぱり、あれよねぇ、きっと。


などと思いながら路地を抜けて振り返ると、こんな様子のところであった。

kitashinchi.jpg

なるほど~。


夜の梅田といえば「お初天神通り」や「東通り商店街」しか縁のないわたしにとっては、初めての北新地探検なのであった。

しかしここも中津と同じ北区内とはなぁ....。


今日もポチッと一押しにご協力お願いしま~す。
    ↓



~・~ お知らせ ~・~
中津芸術村ピエロハーバーでは、キッズワールド(こども劇場)への参加者を募集中です。
くわしくはこちらをどうぞ。
   ↓ キッズワールド(こども劇場)が始まります。(4歳~中学3年生対象)
説明会 4月23日(日)14:00から

いろんな年齢のお友達と楽しみながら基礎からみっちり舞台(演劇)の勉強をします。
(また、これらは映像やモデルにも通じる基礎稽古を含んでいます。)
<第一回市民劇場参加の岩井ゆりちゃんも、ニッセンの商品CM(動画・アウトドア編)に出演しました。>

講師 仲 風見 
(元梅田コマ劇場俳優、現在、イベント・舞台・映像製作等を、劇団や芸術村を通して幅広く手掛けています。)

舞台公演 年に2回
レッスン 日曜日(基本:月3回)
費用 入所金なし 月維持費 1万円
連絡先 中津芸術文化村ピエロハーバー 06-6451-7780

説明会参加希望の方は、
お名前、年齢、学年、ご連絡先を記入の上、キッズワールド説明会希望と明記の上、FAXでお申し込み下さい。

FAX 06-6451-7731
[ 2006/04/15 18:03 ] 大阪のこと | TB(0) | CM(8)

 

「へぇ~
あの有名店、ここにあの方がいるのかな?」
私大阪に一度も行ったことがないので
思わずこの言葉がでてしまいました
sakumiさんのおかげで少しずつ大阪っていう所が分かって来ましたよ
これからも楽しみです♪

[ 2006/04/15 21:21 ] [ 編集 ]

 

こんばんは。
蜆川。ここわかりますよ、えースグ近くに滋賀ビルとかあるところですよね、領事館の向かい側くらいだったかな。
夜の街、新地。ここへは連れて行ってもらうことはありますが、自分では行こうとは思いませんね、っていうか、メッチャ高いし。でも、初めて行ったときはビックリしました22,3くらいの頃でしたかねぇ、大人の別世界だぁ!と。お姉さまがたきれー!という感じで、とっても緊張した思い出があります。
[ 2006/04/15 21:49 ] [ 編集 ]

 

ええっとぉ~
鈍感なので・・・・・なに?
・・・・・・色町?
[ 2006/04/16 00:10 ] [ 編集 ]

 

ピアノ弾きの仕事をはじめたころ、よく通ってた待ちでした。
今はぜんぜんわからないですけども。
昼間と夜とではものすごく様子がちがいますね。

ところで、あのひと、地毛らしいです・・・
[ 2006/04/16 01:15 ] [ 編集 ]

 

まだOLしている頃、上司に連れて行ってもらった新地~
今は、たまに友達に連れてってもらいます。
でも、昔ほど高く感じない。
バブリーなOL時代は上司が支払う金額を見て目が飛び出そうになりましたが・・・笑

今は良心的なお店も増えてきて、敷居が高いとは感じなくなったわ。
といっても凄い店は凄いのだろうね~。
私たちが庶民的な新地にのみに行っているだけかもしれません~。笑
[ 2006/04/16 09:23 ] [ 編集 ]

 

>ももみさん

ありがとうございます。
これからも、少しずつ、わたしなりに気になった大阪の風景を載せて行きたいと思っています。

あのあと調べた所によりますと、こちらのお店はやはりあの神田川俊郎さんのお店でありました。
   ↓
http://r.gnavi.co.jp/k005902/
料金は、やはり北新地価格...。
でも、おいしいんだろうなぁ~。
本人がいらっしゃるのかどうかは不明です。
なにしろ、入った事ないもんで...。


>mottiさん

あ、滋賀ビル、ありました。
領事館は気がつかなかった...。
向かい側といえば、大阪市交通局曾根崎変電所のレトロな建物にかなり心奪われ、(ご存知だと思いますが、ちなみに↓)
http://www.geocities.jp/ochou2003/machi/shishuuhen.html#%23sonehen
ここも写真に収めようと思いましたが、忘れて帰ってきました...。

しかしけっこうみなさん、北新地、行った事あるんですね...。
大阪に30数年暮らしながら、行った事のないわたしのような人物の方が珍しいのかも...。


>足袋ネコさん

え~、昔は蜆川という川を挟んだ色町であったようです。
近松門左衛門作「曾根崎心中」のお初、「心中二枚草紙」のお島、「心中天の網島」の小春、紀海音の「梅田心中」のお高、 それに並木五瓶の「五大力恋緘」の菊野なども、このあたりの遊女だったとか。

現在は高級な料理店や、高級なクラブなどが建ち並ぶ、夜の街でございます。
(参考↓)
http://kgnet.jp/


>masuraさん

えっ?あの人ってズラ説があったんですか??
そうですか...。
でも、地毛でよかったですねぇ~。

このあたりでピアノを弾いてらしたのですか。
なんかかっこいいなぁ~。


>ミナミナちゃん

わたしの周りには、東通りや、お初天神通りなどの安くて旨い店に連れて行ってくれる人はおりますが、北新地なぞへ連れてってくれる人はおりません...。トホホ...。
そのかわり、びっくりするぐらい安くて旨い店ならたくさん知ってますぞ~!!
[ 2006/04/16 13:56 ] [ 編集 ]

 

見させてもらいました
金沢でいえば・・・片町ってかんじかなぁ
ニューハーフっていう文字に
いきなりピントが合いましたわ~
そういうとこ一度行って
女らしい仕草勉強したいモノだ
[ 2006/04/16 18:09 ] [ 編集 ]

 

>足袋ネコさん

う~ん、ニューハーフに目をつけるところなんざぁ、さすが足袋ネコさん。
そうですなあ。
近頃は、女の人よりニューハーフさんの方が女らしいかもしれませんなあ。
[ 2006/04/16 18:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakumi.blog24.fc2.com/tb.php/209-5a72ab61


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。