スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 ねこじゃらし。 

昨日の記事の摘み草苑と、ここのところよく記事にしているネコさんにちなんで、本日はネコとねこじゃらしの絵をどうぞ。

neko-jyarashi.jpg




子供の頃、学校帰りのあぜ道に、このねこじゃらしが生えていて、よく手に持って帰ったものだった。
男の子たちは、この先っぽのふわふわのところをすこしちぎって小さめにし、カエルの上で動かして、虫と間違えて飛びついてきたカエルを捕まえて遊んだりしていた。(そのカエルを餌にしてザリガニを捕まえる子も居た)

うちのネコ花子さんももちろんこのねこじゃらしが大好きで、あっというまにボロボロにしてしまうのである。

ところでこのねこじゃらし、正式な名前を「エノコログサ」というのだそうで、名前の由来はネコではなく犬で「いぬころ草」なのだそうだ。
英語ではFoxtail grass と言って、「キツネの尻尾」だそうである。
くわしくはこちら→エノコログサ

わたしの知り合いの中国人に、「これは日本語でなんていう草?」とたずねられたことがあったが、その時は「エノコログサ」という名前を知らず、「え”っ??ネコジャラシっていうけど~...正式な名前ではないかも~..。」と答えたのであった。
今ならくわしく答えられるんだけどねぇ...。
ちなみに中国語では「狗尾草」。「狗」は中国語で犬なので、「犬の尻尾の草」である。



今日も最後にポチッとをお忘れなく~。
  ↓
[ 2006/06/22 16:55 ] イラスト | TB(1) | CM(5)

 

ねこじゃらしのイラストも詩もかわいいねぇ~。

正式名「エノコログサ」はじめて知ったよぉ。
ありがとう。
[ 2006/06/23 23:02 ] [ 編集 ]

 

今、じっくり読ませていただきました~~~。(今ごろ!!)
すごい勉強になったわ。
イヌコロ→エノコロねぇ。
Foxtail grass 、「キツネの尻尾」も、なるほどね~~~って感じ。
どこの国でも同じようなこと考えるのね。
名前の由来なんて、案外単純なものが多いかもね。
[ 2006/06/24 07:59 ] [ 編集 ]

 

>masuraちゃん

絵と詩をおホメいただきありがとう~。
この絵は、個人的には自信がありません。
ラフに描いたつもりなのだけど、たんに落書きチックだなぁ~と思って..。
詩には、個人的な思い出が込められております。(ご自由にご想像下さい)


>nakatugawaさん

わたしも「エノコログサ」はちょっと前から知ってたけど、この辺のくわしいことはこの記事を書く時に検索して知った訳でありますのよ。
そういえば、たしかキャットテイル(猫のしっぽ)という植物もあったなぁ~と、今思い出しました。
キャットテイル↓
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/cat_tail.html
[ 2006/06/24 14:26 ] [ 編集 ]

 

sakumiちゃん~この記事見逃していたよ!ごめんね。
そうそう「いぬ」に因んだ由来だったよね。
思い出した!

可愛いイラストだわ。sakumiちゃんってネコが好きだったもんね。
[ 2006/07/21 20:40 ] [ 編集 ]

 

>ミナミナちゃん

いえいえ、この記事を書いた頃は、ミナミナちゃんがお忙しかった頃か、もしくはパソコンがご病気だった頃だと思われます。

わたくし、猫もネコジャラシも大好きです~。
[ 2006/07/22 18:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakumi.blog24.fc2.com/tb.php/276-05121b1e


優しい感性に乾杯!

私のブログにコメントをくださる「オズ」さんことMasami Nakagawa「winning shot」の中川氏。とても頭のいい方で、書く記事は反骨精神たっぷりの男気溢れた渋さがある。しかし、私のブログに残してくださるコメントは辛口であったり、お気遣いたっぷりであったり、はたまた
[2006/07/21 20:41] URL with.ミナミナ 2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。