スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 ずくし柿。 

近ごろ、公演の稽古でバタバタしております。
今日、ご近所のOさんに柿をいただきました。

zukushi.jpg



谷崎潤一郎の「吉野葛」に出て来た「ずくし」のような、完熟した柿であります。
これを食べながら、公演に向けてがんばりますぞ~!!

か~き~、か~き~、わ~か~や~ま~..
(古いCM.....しかも関西限定...知らんわなぁ...)



今日も最後にポチッとをお忘れなく~。
  ↓
[ 2006/10/28 22:43 ] いただきもの | TB(0) | CM(7)

 

か~き~、か~き~、わ~か~や~ま~..
わかっちゃうのよ、わたくし~~。
でも「吉野葛」はわからない~~ (T_T)
読んだ事あるのよ~~~。
谷崎さん、好きなのよ~~ん。

それにしても、おいしそう。
[ 2006/10/29 02:43 ] [ 編集 ]

 

>masuraちゃん

確か、「吉野葛」だったと思うのだな~。
じゅくじゅくに熟して、実が透き通ったような状態の柿の中をじゅるっと食べるみたいなくだりがあるのだけれども、その柿が「ずくし」という名前だったのよね~。
吉野葛の物語の内容よりも、それが一番印象的なのだ~ぁ。

ここのくだりを見つけました~。
 ↓
http://www8.plala.or.jp/milk_honey/zukusi.html
[ 2006/10/29 17:18 ] [ 編集 ]

 

「ずくし」って熟柿の事かなぁ?
「じゅくし」じゃなくて「ずくし」なんだねぇ。
昔、小さい時に「はったい粉」にまぶして食べた記憶があるんだけど・・・。
子供の時はあんまりおいしいとは思わなかったけど、今は甘くておいしいと感じてしまう・・・大人になったな~~~。

[ 2006/10/29 21:22 ] [ 編集 ]

 

私も子供の頃から、柔らかく熟した柿はずっと苦手だったのですが、谷崎潤一郎さんの表現を読んで、今は亡き父が庭で採れた柿を同じようにして、おいしそうに食べていたことを思い出しました。
なんだかおいしそうですね。食べてみたいな。
大人になったのかな?
[ 2006/10/29 21:48 ] [ 編集 ]

 

リンクありがとう~。
読んできたよ~。

私、やっぱり「吉野葛」って読んだことないかも・・・
「パタリロ」ばっかし読んでないで、谷崎さん読もうっと!

谷崎さんて、おいしいもんいっぱい食べてタンだろうねぇ~。
[ 2006/10/30 03:47 ] [ 編集 ]

 

sakumiちゃん、おはよう~
美味しそうな柿だね!私、熟した柿好きだよ~
か~き~、か~き~、わ~か~や~ま~
なはは~懐かしいわ。

谷崎文学!大人になって良さが判るようになりました。
少女のころはエッチだなって思っていたの。
芦屋に谷崎潤一郎記念館があるよ~
[ 2006/10/30 09:35 ] [ 編集 ]

 

>nakatugawaさん

そうそう、”じゅくし”が”ずくし”になったようなことを、書いていたように思います。

はったい粉をまぶして......なんだか美味しそうだなぁ~。
食べてみたい...。
大人になったのね~。


>Annさん

そういえば、うちの父も熟した柿をおいしそうに食べてました。
うちの場合、庭に柿の木はなかったので、ご近所からいただいた物だったように思いますが...。
わたしは熟すまで待てずに、なんだか口の中に渋みが残るちょっと固いのを食べておりました。


>masuraちゃん

谷崎夫人「松子」さんの書かれた「倚松庵の夢」に、谷崎さんが好きだった食べ物がたくさん出て来るとかって聞いた事があります。(読んだ事ないけど..)
これまたその辺のことが載ってるページを見つけましたです。
 ↓
http://www.tokyo-kurenaidan.com/tanizaki-shoku-kyoto1.htm

「パタリロ」わたしの友達が好きで、よく貸してもらって読んでましたわ~。


>ミナミナちゃん

そういえば、エッチっぽいのもあったねぇ~。

谷崎潤一郎記念館、そういえば、行ったことないなぁ。
今度、行ってみようかいな~。
[ 2006/10/30 16:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakumi.blog24.fc2.com/tb.php/397-c25ae840


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。