スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 ストーブ。 

朝晩が寒い。
自宅には、一昨日から電気ストーブを出した。
ピエロハーバーでも、一昨日からヒーターを入れ始めた。
さらにストーブも入れることになり、今、奥からストーブを出して、使えるように掃除をしている最中である。
ストーブというのは暖かい。
向田邦子さんのエッセイで、家を改築してセントラルヒーティングにしたら、自分の部屋に居つかずスーパーの従業員控室にずっと居て、そこのストーブにあたるようになってしまったお婆さんの話を読んだことがあるが、そのお婆さんいわく、ヒーターだと「どっち向いて手を出していいか分からない」とかで「あたった気がしない」とか。
なんとなく分かるような気がする。
わたしが昔働いていた、中津の某店でも、昔はストーブを使っていた。
その頃その店の従業員(バイト)で作っていた新聞に、わたしも記事を書いていたが、そこに「ストーブはあったかいし、ストーブの火を見てると心まであったかくなる」みたいなことを書いたことがあった。今、それを思い出した。

そんなこんなで、明日ぐらいから、ピエロハーバーにはストーブが登場する。

shiro.jpg

(わたしが昔働いていた中津の某店に、現在飼われている猫のシロちゃん)
[ 2005/10/24 21:48 ] 中津芸術文化村 | TB(0) | CM(2)

 燃えている火

学校のストーブを思い出します。寒い寒い冬。ストーブの小窓から見える赤い火。みんななぜか、その小窓が見える位置に立ちたがる(・∀・)私もその一人ですが。
感覚だけじゃなくて、視覚でもあったかさを感じたくなるんでしょうか。
[ 2005/10/25 18:34 ] [ 編集 ]

 暖炉や囲炉裏。

西洋では暖炉を囲み、日本では囲炉裏を囲んだのも、その辺からかもしれませんね。暖炉はどうか知りませんが、囲炉裏は食べ物を作ることも出来るし....。
そういえば、焚き火というのもありますね。焚き火といえば、焼き芋。
わたしも子供の頃を思い出してきました。
♪垣根の垣根の曲がりかど~
[ 2005/10/25 21:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakumi.blog24.fc2.com/tb.php/40-499ac868


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。