スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 ノロノロ更新の理由。 




まいど、忠太郎です。




hakochuta_20100221155359.jpg

(写真、ボケててすんまへん...)




最近、またまたsakumiはんが更新を怠っておるもんで、

心配してはる人も居てはるんやないかと思って

わて忠太郎が登場してみました。






sakumiはんは、じつはちょっと前、

慌てて駅の改札を通ろうとした時に、

自動改札機に手をしこたまブツけはりまして、

それからどうも手指が痛いとかで、

パソコンから遠ざかってはったんですわ~。


数日前に、いつも行ってる中医学のお医者はんで

耳に鍼を打ってもらったらずいぶんと良くなったらしいので

御心配なく~~。



ほんで、その指が痛かった期間何をしてはったかと言うと、

またやたらと本を読んではりました。




そん中でも気に入ったのは、高田郁さんという作家さんの



「八朔の雪」という作品だそうですわ~。

(画像をクリックすると、本の紹介ページにリンクします)



その後、その作家さんの作品をいろいろと買い集めはって、

今もいろいろと読んではリますのよ~。




そんなこんなで、ブログの更新はまた

ノロノロになりそうな気配やけども、

みなさん、見捨てずに覗きに来たってねぇぇ~~。








今日も最後にポチッと更新、ご協力よろしくお願いしま~す。
  ↓
[ 2010/02/21 16:11 ] ネコ | TB(0) | CM(6)

 

覗きに来たよ~♪^^

何をどうしたら、改札機に手をぶつけるのか?^^;
大丈夫ですかぁ?!
もう少しは良くなりましたか?

これからは慌てないで改札を通ってください♪

あちこちで本を読む人が増えているようですね。
私も時間をみつけて本を読むようにしないと!!
[ 2010/02/22 21:48 ] [ 編集 ]

 

わ、わたしも「改札に手???」とちょっと
思いました(^_^;)
切符入れようとして、がん!とぶつけはったとか?
お大事になさってくださいね。
手を怪我すると、なんかもういろんなこと億劫になりますよねーーー。


忠太郎はん、段ボールに入ってる(^_^;)
このまま郵送して(笑)
[ 2010/02/23 08:38 ] [ 編集 ]

 >nakatugawaさん

磁気定期券を改札機に入れようとしながら、改札機を見ずに前を向いて思いっきり走ると、手を打ちつける事間違いなしです....。(泣)
中津駅は、都会にしては結構電車の本数が少ないもんで..。
電車に乗り遅れて、真冬の吹きっさらしのホームで次の電車を待つ寒さを考えると、つい、思いっきり走ってしまうんですわぁ..。
でも、この手指を打ちつけた日は、電車には乗り遅れました...。(泣笑)

最近、やたらと本を買いまして、しばらくはそれを読むのに追われそうです。
[ 2010/02/24 17:29 ] [ 編集 ]

 >ツバッキーさん

自動改札機で手を打ちつける人は、やはり、あまり居てはらないんでしょうかねぇぇ...。
トホホホ...。

手の方は、おかげさんで随分と良くなって来たんですけど(やはり、年のせいか、治るのが遅くなったような...)手を使いすぎてまた痛くなったら困るので、仕事以外でパソコンを使う時間を、ちょっと少なめにしています。
年はとりたくないですねぇぇ...。

今度、忠太郎さんが段ボールに入ったら、送り届けますねぇぇ~~。
しかし、危険物、もしくは生物(なまもの)なもんで、クロネコさんにも飛脚さんにもカンガルーさんにも嫌われそうですわぁぁ~。(笑)
[ 2010/02/24 17:43 ] [ 編集 ]

 

わはは~。
ちゅうちゃん、写真ぼけてるけどいつもより顔がはっきりうつってるわぁ。
ご満悦顔やね。

手、お大事にね~~。
[ 2010/02/25 10:05 ] [ 編集 ]

 >masuraちゃん

忠ちゃん、せっかくちゃんと目を開けてはったんやけどねぇぇ~。残念やわぁぁ。

手は、やっぱり肘の骨折以降、ぶつけやすくなったみたいなんよねぇ。
気をつけますわ~。
[ 2010/02/26 15:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sakumi.blog24.fc2.com/tb.php/866-6a1ba6c1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。